私の仮面浪人としての1年間の流れ(前編)

 仮面浪人の1年の流れって?

仮面浪人というと友達も作らずひたすらに勉強し続けるイメージがありませんか。

我が春を謳歌する皆を尻目にひたすらと参考書に向かう毎日…。

友人?彼女?仮面浪人に必要ない!って感じで。

では実際のところ仮面浪人の1年間ってどのようなものなのでしょうか。私の仮面浪人としての1年間が具体的にどのようなものなのか見てみましょう。

非常に長文となりましたので、前編、後編に分けて書いていきますのでどうぞゆっくり見て行ってください。

後編はこちら↓

 後編! ついに12月から本格的に受験シーズン突入。 1月には運命のセンター試験、そして2月には最終関門2次試験が待ち構えていま...

これはあくまでも私の仮面浪人としての経験です。人によってすごし方がまるっきり異なります。その点にご了承ください。

 3月 うつ期(笑)

3月

センター試験を83%の成績で終えた私は「これは…いけるかも…!!」と見事に慢心していました。(笑)

慢心の結果、見事に?2次試験は大コケ。続いて後期試験でもあまりうまくいかず現役での受験に失敗

受験に失敗したときに私が何を感じたのかはこちらの記事を。

(2018年3月現在まだ書けておりません。すいません。)

現役時代の受験勉強で燃え尽きていたため、純粋浪人は考えず。

センター利用でとある私立大学に合格していたため、そちらへの進学を決定。

 4月~5月 大学エンジョイ期

4月

晴れて大学に入学するも、第1志望ではなかったために腐りまくる。(笑) 入学式の写真の腐ってる感がすごいです。(笑)

サークル・学生団体等には一切入らず。そのせいで暇だったため近くの飲食店でバイトを始める。

この頃に仮面浪人のことをネットで知り、仮面浪人について考え始める。

5月

少しずつ大学生活に慣れ、ゼミ活動、英語、第二外国語などといった授業を介して友達も増えてくる。

大学生って…楽しい…!!(←アホ)」ってなってきました。(笑)

高校生とはまったく違う遊びが本当に楽しい!田舎では会えないような人がいっぱいいて話すのが楽しい!英語の授業が全部英語とかやべぇ!授業も今までのものと違ってすごい面白い!ウェーイウェーイ。

7分丈の折り返しのドット柄ズボンという超絶にダサいズボンはいてました。ザ・大学生って感じ。

こんなん↓

一方で元々志望していた大学への憧れは消えず、もんもんとした日々を過ごす。

 6月~9月 仮面浪人開始~中だるみ

6月

もうすっかり大学生活にも慣れ、遊びまくってくる。

このころに高校生からつきあっていた彼女と別れてうつ状態に。(笑)

それでもやっぱり志望校のことを諦めきれず、パンフレットや就職実績なんかを見る毎日。

悶々と悩むのも嫌になり、兼ねてから考えていた仮面浪人について親友、高校の先生、親に相談をしてみる。

その結果「やりたいようにやってみたら」と皆後押ししてくれたため仮面浪人を決意。

目標校はもちろんあの大学。

仮面浪人を成功させるため立てた戦略についてはこちらの記事を。

なぜ仮面浪人を決意したのかについてはこちらの記事を。

(2018年3月現在まだ書けておりません。すいません。)

7月

受験勉強をはじめてみるものの、身が入らず、ただのクズ大学生となる。やっぱり大学生になって遊ぶというメンタリティが身につきすぎましたね。(笑)

にも関わらず月末に受けたセンター模試でまさかの合計 80%達成。天狗状態に。

「これは仮面浪人いけるかもしれない…!?」とテンションがあがり有頂天に。

なんとか前期にとった授業はすべて単位をゲット。

8月

まとまった時間がとれる夏休みにまったく勉強しなくなる(センター模試で天狗になったために)。

なにを思ったのか9月に2週間のカナダ旅行に行くことを決める。

決めてからは少し勉強頑張るように。

(8月は何かしたという記憶がないです。)

9月

カナダ旅行へ出発。(←おい)

バンフの湖とか本当に綺麗すぎてビビった。(笑) 皆さんペイトー湖とモレーン湖には絶対行くべきです。(笑)

カナダはもとから大好きであったが、更に好きになった。

リフレッシュできたのか帰国できてからは、勉強に集中できるようになり着実に勉強を進めることができた。

ひょんなことからいとこの大学受験の家庭教師をすることに。(笑)
しかも、いとこは僕が仮面浪人していることは知らず。(笑)

しかし、教えるには自分が理解している必要があるためむしろよい機会でした。

10月~11月 仮面浪人で一番キツかった時期

10月

このあたりで仮面浪人のことについて鬱になりました。

在学していた大学の事が好きになっていたし、友人、周りの環境も恵まれていたために、仮面浪人をすることの意義とはについて自問自答。

「このまま立命での生活を続けた方が幸せなのではないか。」

「今の大学と志望先でなにがそれほど違うのか。」

「今のよい環境を捨てる意義とは。」ってな感じで。

一方で志望校への憧れ、受験に失敗した悔しさ、この鬱憤は受験でしか晴らせないとする考え、諸々を考慮すると仮面浪人を継続したいとは思っておりました。

ただ、このまま大学に残り、今の労力を他の事に充てることのほうが重要なのではないかと悶々としておりました。

「よい環境(今の大学)に残る」 or 「やっぱり仮面浪人する」

この間で常に揺れ動いていました。

またこのころに受けたセンター模試、2次試験模試で爆死してしまい、さらに鬱状態へ( -д-)笑

ただ、このときに模試で失敗した際に本当にショックだったのでそれが逆説的に自分が志望校に行きたいのだな、と実感しました。

受験勉強中におけるモチベーションの保ち方についてはこちらの記事を。

(2018年3月現在まだ書けておりません。すいません。)

11月

大学では中間試験・中間レポート、 受験勉強では模試ラッシュとなったので、その両立のため文字通り死ぬほど忙しかったです。

体力的に結構追い込まれました。

それに加え、2次試験模試の結果があまり芳しくなくメンタル面でもきつかった時期です。

夜中に急に吐き気をもよおすなどなど…。

しかし、仮面浪人を打ち明けていた学校の友人や、家族などに励まされなんとか両立生活を続けられました。

この時期は本当に友人と家族に感謝ですね…。

  前編まとめ

4月~5月 葛藤期

6月 仮面浪人開始

7月~9月 絶賛仮面浪人です!

10月~11月 仮面浪人キツイっす…!

とまぁざっくりまとめるとこんな感じでしたね~。

仮面浪人を考える方は10月以降にめちゃくちゃ大変になることを予め覚悟しておいたほうがいいかと思います。笑

こんな感じで進んできた仮面浪人としての生活ですが、12月以降、本格的に受験シーズンへと突入していきます。

後編では運命のセンター試験、そして2次試験のことについて書いていきます!どうぞ後編についても見て行ってください。

 後編! ついに12月から本格的に受験シーズン突入。 1月には運命のセンター試験、そして2月には最終関門2次試験が待ち構えていま...

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする