私のセンター試験結果

 鬼門センター試験

大学入試センター試験(だいがくにゅうしセンターしけん、英語National Center Test for University Admissions)とは、独立行政法人大学入試センターによって[注 1]、例年1月13日以降の最初の土曜日・日曜日の2日間にわたって行われる、日本の大学の共通入学試験である。(Wikipediaより)

大学入試センター試験、通称センター試験。

大学入試といえばこの試験で、例年センター試験日になるとニュースなどで報道されますよね。

今年(2018年)のセンター試験志願者数は582,671人。間違いなく日本最大の試験でしょう。

国公立大学における2次試験に影響を及ぼすだけでなく、最近ではAO入試やセンター利用型の私立入試なんかでもその結果が用いられるなどその影響範囲は非常に大きいものとなっております。

センター試験の結果次第で受けられる大学も変わるため、本当に人生を左右する試験といえましょう。

仮面浪人時に受けたセンター試験の様子についてはこちらの記事をどうぞ。

私の受験科目は以下の7つです。

英語、国語、数学IA、数学ⅡB、世界史B、生物、倫理・政治経済

今のセンター科目とは少し異なりますが、この受験科目で現役時(2012年)に82%、仮面浪人時(2013年)で86%の得点率を収めました。

備忘録も兼ねて私のセンター結果をブログに残しておこうと思います。

 現役時(2012年センター)

国語:      116/200

英語:      196/200(リスニング50/50)

数学ⅠA:     95/100

数学ⅡB:           80/100

世界史B:           80/100

生物:                95/100

倫理・政治経済: 74/100

合計:                736/900  (パーセンテージ:82%)

このときにセンター試験最高得点を達成

得点パターンは、得意の英語、数学IA、生物で9割とって、苦手な国語、倫理・政治経済で足引っ張り、結果的に8割弱といった形。

自分的にはこの点数が嬉しくて舞い上がってしまったことを覚えています。

(結果これが慢心を招いて2次試験は爆死…笑)

 仮面浪人時(2013年センター)

国語:      156/200

英語:      200/200(リスニング50/50)

数学ⅠA:     90/100

数学ⅡB:           75/100

世界史B:           75/100

生物:                100/100

倫理・政治経済: 82/100

合計:                778/900  (パーセンテージ:86%)

こちらの記事にも書いている通り、センター試験を受けた直後はマジで爆死したと思っていました。

しかし、採点してみると過去最高得点を達成。個人的に嬉しかったのは英語・生物の満点と国語で初めて150点台をとったこと。国語の結果は信じられなくて3回採点し直しました。笑

これで2次試験に進める!と思って安堵したことを覚えています。

 まとめ

結果的に、現役時から仮面浪人時で全体で42点UP。パーセンテージで見ると4%UPしました。

主要三科目+生世倫理政経の平均点数が2012年から2013年で557.15点→509.60と難化しているため、仮面浪人を経て点数が上がったと結論付けても良いのではないでしょうか。

このように不利だといわれる仮面浪人を経ても点数が上がることを証明できたのは良かったです。

ちなみにですが、2次試験の結果については大学から請求できるにも関わらず完全に忘れていたため、実際に何点で合格したのかについてはわかりません…。今でも後悔しております。(笑)

皆様はお忘れなきよう…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする