【経験者が語る】仮面浪人のメリット・デメリットとは??

こんにちは、なたです。

仮面浪人ってデメリットだらけだ!と言われることが結構あるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

仮面浪人経験者である私の話も交えながらメリット・デメリットについてご紹介いたします。

 仮面浪人のメリットとは??

まずは仮面浪人のメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

① すでに大学生であること

仮面浪人は大学生であることから2つの利点があります。

1つはリスクヘッジ、もう1つは選択肢が多いという点です。

まずリスクヘッジという観点では、仮に仮面浪人に失敗したとしても、今の大学で進級すればよいだけなので、全落ちしたとしても問題ありません。

現役生・浪人生は全落ちした場合、浪人するという道しかありませんが、仮面浪人の場合は失敗したとしても他の道に進めることができるのです。

ただし、このリスクヘッジが効く場合はきちんと今いる大学で単位を取得することが前提であることはお忘れなく。

次に選択肢が多いという点ですが、これはいつでも受験をやめることができる点に起因します。

仮面浪人はすでに大学生であるのでいつでも受験をやめることができます。それは仮面浪人をする大学の良さに気づいたときや、仮面浪人よりもしたいことを見つけた時にその選択肢をとれるということは大きなメリットになります。

基本的に現役生・浪人生は受験以外の選択肢をとることができませんが、仮面浪人の場合はそれ以外の選択肢ととれるチャンスがあるという点は非常に大きなことです。

② 第一志望の大学だけに集中できること

仮面浪人は第一志望のテストだけの対策をすることができます。

上のリスクヘッジにもつながりますが、仮面浪人に失敗したとしても今の大学があるために滑り止めを考えることなく、第一志望の大学のみに集中して勉強を行うことができます

多くの現役生・浪人生は滑り止めの対策もせざるをえませんが、仮面浪人はそんなことをする必要がないのは非常に大きなメリットです。

大学生であること自体が滑り止めみたいなものですね。

このおかげで私は神戸大対策に100%の力を注ぐことができました。

 では仮面浪人のデメリットは??

一方で仮面浪人にはもちろんデメリットもあります…。

① 勉強時間がとれないこと

やはり、現役生・浪人生と比べて受験勉強にとれる時間は圧倒的に少なくなります。

大学生活を過ごすために必要となる勉強などがあるために、100%受験勉強にあたることができないというのはやはり非常に大きなデメリットです。

私の場合、受験勉強をするに時間は、大学がある平日は多くて3時間、テスト前だとほとんどゼロという日もありました。100%できるのは週末と長期休暇ぐらいですね。

② 誘惑が多いこと

大学は人生の夏休みと呼ばれるほど楽しいです。笑

親元を離れた一人暮らし、飲み会、クラブ、合コン、旅行、サークル活動などなど。

大学は本当に楽しいことだらけです。

ただこれらは仮面浪人にとってはあまりよろしくありません。

ただえさえ受験に充てられる時間も少ないのに、こんな誘惑に負けてしまうと本当に勉強する時間なんてなくなってしまうからです。

現役生・浪人生とは異なり、このような誘惑に負けない強い心が仮面浪人には求められます。

③ お金がかかること

仮面浪人といっても大学生であるため学費を支払う必要があります。

当時、立命館大学は入学金が25万円、学費が100万円で合計125万円程度かかりました

おそらく文系の大学1年だったらこれぐらいの学費ではないのでしょうか。

また仮面浪人の中には予備校にも通う人がいるのですが、それも合わせると1年間に200万円ちかくのお金がかかる計算となります。

仮面浪人をするのは良いのですが、それだけのお金をかけてまで仮面浪人をする必要があるのかについてはしっかりと悩み、親と必ず相談してくださいね。

ちなみに私は親と相談し、仮面浪人の時にかかったお金は全額借金として返済をする約束をしました。

実際社会人になってから月額3万円、ボーナス増額を含めて一年間に42万円の返済を行っております…。

仮面浪人はただではないことに十分留意しましょう。

 まとめ

仮面浪人に対する意見は人それぞれです。

個人的にはチャンスがあれば仮面浪人は是非するべきだと思っております。メリットでも記載したように現役生・浪人生と比べていい面も多々ありますので。

ただ、世間的には良い「時間とお金の無駄」などと仮面浪人に対するイメージはあまりないというのが正直なところではないでしょうか。

仮面浪人に対する意見はいろいろありますが、最終的に判断をするのはあなたです。

後悔をしないことを軸に納得のある判断を下されることを期待しております。

では!

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする